FC2ブログ
 

ミル家の大将

おもちゃ日記 その2

 2回に分けて 日記更新します。 すみませんね。

 いつだったか、何年か前、限定発売された 浪曼堂の「ロビンマスク DX」、
買えなかったままで、売ってても プレミア付いて高くなってたので
あきらめ状態だったのですが、
開封済み中古を 1600円で発見。(←安い)
       ロビンマスク DX

 中身は こんなんですよ。
       ロビンマスク パーツ

 このロビンのポイントは、パンツ部分が 赤メタリックなこと。
最近の ロビンのパンツは だいたいシルバーに塗られてるんですが、
ジャンプの「キン肉マン」連載当時は このように メタリックレッドだったんですよ。
・・・・どうでもいいですか?

 
 今年も おもちゃの話ばっかりしちゃうかもしれませんが、大目に見てくださいませ。

 今日は 夜 カレーでも作ろっと。
ほんじゃまた。
 ロビンマスク 鎧装着

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

おもちゃ日記

 ネーム(絵コンテ)に悩んでます。
プロローグはテンポ良く、エッチシーンは テンポ悪いくらいに
という気持ちで考えてます。
いつもより 結構いい話になるんじゃないかと、根拠のない自信もあります。
「呪いまろやか」の続編です。

 ネームは自宅じゃなくファミレスなどで考えながら描くという作家さん 多いです。
その方が 作業がはかどるとか。

 ボクは いつも自宅で 考えて描いてます。
公衆の場じゃ 人の目が気になって、エロい話なんか 考えられないですよー。
おちんちんも 立っちゃうし。





 最近 ミクロマンが欲しくて たまんないんです。
LSIゲームやファミコンが出る前に 夢中になったおもちゃ、
それが ミクロマン。

 何年か前に 復刻版が出たんですよ。 一体だけ 買いました。
当時のモノは 高いプレミアが付いてるので、手は出しません。

 でももう その復刻版も あまり見かけなくなりました。
今日も 朝から、自転車と 電車を使って おもちゃ屋・フィギュアショップを回りました。

 まだまだ意外と いろんな所に 大人向けレトロショップがあるもので、
掘り出しモノに 興奮したりしてました。

 復刻ミクロマンも いくらかあったのですが、ボクの欲しいヤツじゃなかったんですよ。
アクロイヤーは 余りまくってたなー。

 ミクロマンは おもちゃとして発売されてたわけで、
テレビ番組とかではなかったのですが、
当時 こんなテーマソングも作られてました。↓
(実は 当時このレコード持ってました。)
その 水木一郎アニキの 若い声をくらえ。



 「とぶくすり」時代の 若いふたりの姿もくらえ。



 それにしても、今日は 成人の日だったんですね。
晴着姿の人を何人か見かけて 初めて気付きましたよ。

 ボク、成人の日に ミクロマン探し回ってましたよ・・・・。
成人式2回分の歳も そう遠くないボク、ミクロマン探し回ってました・・・・。

ゴライオン

 「百獣王ゴライオン」、小学生の頃 リアルタイムで観てた世代で、
お気に入りのロボットアニメのひとつです。

 ゴライオンは 本家の日本よりも
(ボルトロンという名前で)アメリカの方が人気で、
未だに新作やリメイクが製作されるほどだそうです。

 これとか 欲しいです。↓


 それにしても アメリカのおもちゃは デカい・・・・

 ちなみに ウチに 右足ライオンさんの超合金だけあります。
フリーマーケットにて 500円で買いました。
   青獅子
 変形時、首を曲げると 自動的に肩幅が狭まるところとか、
当時から日本の技術はすばらしい。
 
 久しぶりの ブログ更新が ミル・フィーユに関係なくて 顔をしかめられそうですが、
ちゃんと 漫画 描いてますので お許しくだされ。

 不安定な気候が続いてますが、しっかり 体調整えて お過ごしください。
ボクは 最近 珍しく 思いっきり 体調こわして 寝込んじゃいましたよ。
まあ、2日ほどで治りましたが、みなさんも気を付けてくださいね。



 本家、合体↑
 ほんじゃ また。

もう2月ですか

 以前 ブログに載せたイラストを 塗り替えたものです。
    桃色吉野さん
 



 年に2、3本だけ ゲームを買いますが、ここ最近で 一番おもしろかったと思うのが
DS版ゼルダの伝説の2作です。 ホント おもしろかった。

 で、まさか バレンタイン前に 自ら チョコを買いあさることになるとは 思いませんでしたよ。
チョコエッグ「ゼルダの伝説 大地の汽笛」、あと2種類・・・・
                  チョコエッグ

ミステリー

 姉の影響か、10代の頃は 推理小説を よく読んでました。
今は ほとんど 読書しなくなっちゃいましたが、
何かと 推理ゲームには 手を出してます。
(主に ニンテンドーDS)

 未だに、「死亡推定時刻」とか「アリバイ」とか聞くと 胸が踊るんですが、
ボク自身は けっして するどい頭脳などは持ってない 凡人です。
凡人どころか 普通の人より 劣ってるかもしれません。

 ああいう トリックや だましを絡ませたストーリーを考えられる人って 尊敬しちゃいます。
すごい才能だと 思いません?

 ボクは 巧妙なトリックで人をあざむく犯人のようなことはできないし、
それを 鋭い推理で 解決することもできません。

 せめて、殺された時には、
犯人に 気付かれないように ダイイングメッセージを残したいものですが、
それこそ、死ぬ間際に 集中力なんか働かないですよ。
あ、あと ボク、血 苦手だしなー。

 ボクは ダメな奴だなー。

 
 で、ボクが10代の頃は、ファミコンで 推理ゲームが いろいろ発売されて、
どのゲームも とても印象的で おもしろかったんですよ。

 ポートピア連続殺人事件を初め、ファミコン探偵倶楽部とか 神宮寺三郎とか
数え切れないくらい プレイしました。

 オホーツクに消ゆ も やったなー。
    ニポポ
 修学旅行で買った 網走刑務所の ニポポ人形。
確か、摩周湖付近の 古びた お土産屋で 買いました。






 次の漫画 描いてます。
 ボクの作業の仕方は へんてこりんでして、
描きやすいコマや イメージができたコマから 下描きを 始めます。
そして 気分が乗ったコマから ペン入れします。
ポコポコと 白いコマがあるページが 何枚もたまっていきます。

 ペン入れが全部終わったページがあれば、これまた 気分しだいで
消しゴム・ベタ・ホワイト・スクリーントーン の仕上げに入ります。
 完成したページと、まだ何も描いてないページに 分かれちゃいます。

 だから、たまに、30ページ中、29ページが 完全に出来上がっていて、
これから 最後の1ページの下描きを始める・・・・なんてことも あります。


 作業工程を 改めれば もっと早く描ける ってもんでもないんです。

 もう ボクの性格が へんてこりん なのです。

 ズリパイ


 とにかく、今回も 漫画家としての素質の疑問に悩みながら、がんばってます。
どうか よろしくお願いします。



 ほんじゃ また。
カゲマン