FC2ブログ
 

ミル家の大将

作業中

 最近 街中に人が多いなと思ったら、ああ、もう 春休みですか。
ということは、のび太の宇宙開拓史 もやってるんですね。 (観に行く予定ないけど)

 現在、単行本に載せる漫画を直したり、描き下ろしイラスト 仕上げたりしてるんですが、
これが 思った以上に 時間がかかって 終わらないんですよ。

 単行本が発売されると、売り上げ(発行部数)に応じて 「印税」というものが もらえます。

 でも、今やってる 単行本の表紙イラストなど 描き下ろしの部分は、基本的に
ノーギャラ なんですよ。 知ってました?

 手直しの部分も 読者さん達に 喜んでもらおうと がんばってますが、
どれくらい気合が入るかどうかは、最終的に 自己満足かもしれません。


 単行本に 入る予定の作品に、MUJIN以外で描いた
2006年後半から 2007年前半くらいのものが あります。

 「理想の童貞卒業」  (ANGEL倶楽部)
 「呪いあざやか 第7話」  (ANGEL倶楽部)
 「ふたりめのヒト」  (コミックメガストアH)
 「花村計画」  (コミックメガストアH)
 「少女小梅」  (コミックメガストア)

 この頃、いろんな編集者さんから、絵柄や 表現方法を、流行の傾向に 変更することを
促され 悩みましたが、結局 頑固に 作風は変えませんでした。
 編集側から 作風を否定されることが多いのに、なぜか 仕事依頼はバンバン入ってくる
不思議な時期でした。

 あと、改めて自分の絵を見ると、この頃は、
頭部はやや大きめで 手足はやや短く、
ちょっとだけ 子供っぽい体型に描く 傾向にあったようです。

 まあ、いつもの ミル・フィーユ色ですので、読んだことがない方は お楽しみに。

 では またの更新まで。
          陽子姉ちゃん

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

その時 ミルは

 気温が不安定で でりけーとな体に 響きますね。
ここんところ 孤独なためか、あまり出かける気にもならず
ウチに引きこもって ふにゃふにゃしてまして、
これじゃいかん と、昨日は 秋葉原を ウロウロして来ました。

 なんか 所々で 人が集まってて、通りにくいったらありゃしないんですよ。
何事だ?と思ってたら、ああ、野球の決勝戦だったんですね。

 選手やファンが 手に汗握ってる時に、ボクは
キンケシのガチャガチャ回したり、エロDVD 物色したりの マイペースでした。

 ご想像できると思いますが、このボク、野球とか 全然 観ません。
あとで ニュースで観ましたが、決勝戦は ものすごい試合だったようで、
よく がんばりました。 お疲れ様です。
                   優勝トロフィー






 小中学生の時、給食のこんだてでは ポークビーンズが好きでした。
確か ソーセージと 大豆が入ってたんだよなー と思い返しながら、
ビーフシチューのルーで たまに ポークビーンズっぽいものを作ります。
                       ポークビーンズ
                         結構 ウマいですよ。






 最近 気になったこと

 この前 本屋さんで 本選んでたら、
近くで 中学生くらいの女の子が でっかい声で しゃべってたんです。
数秒おきに 「ヤバい」という言葉が出てくるんです。

 もう、「すごい」も 「かわいい」も 「おもしろい」も
ほとんどの形容詞を 「ヤバい」で済ませてるんですよ。

 もっと言えば、「きれい」も「汚い」も 「ヤバい」です。

 後日、信号待ちで、隣の 大学生っぽい数人の おしゃべりが 耳に入ってきました。
信号待ちの 1分ぐらいの間に 数え切れないほどの 「ヤバい」が出ました。

 まあ 若いことだし、流行り言葉というか、周りに言葉を合わせることは多いでしょう。

 これからですね。
これから社会に出る時に、自分の言葉でしっかり表現できるオトナと、
そのまんま 「ヤバい」で済ますことしかできないオトナに、
パッカリ 分かれちゃうんだと思うんです。

 がんばれよ、若者達よ。
勝ち残るのは、自分の意思を しっかり持った人だぞ。

 

オレの色に染まれ

 いつも なかなか 次の漫画の案が出なくて苦しむんですけど、
なんか今回は ピキーンと エロいキャラと話が 浮かびました。
これで いこう。


 そんな中、新しい単行本の カラー部分も描いております。
これから 乳首さんを 塗ります。
乳首を 塗るのは、ちょっとドキドキ ときめきます。
単行本用イラスト メイキング
 ↑ これは どこに使われるイラストかな?



 最近、テレビで ロボット開発の様子が 特集されてるでしょ。
介護用だったり、セキュリティ用だったり、工業用だったり
手足を動かして歩く 人間型だったり。

 ホントすごいわけでして、ああいうのを開発できる人と ボクみたいな凡人は
どれくらい差があるのだ?と感心してしまうのですよ。

 こういう優れた貢献を ウマく世間に伝えなきゃならないのに、
言葉選びがヘタクソな出演者が、

「いやー、いよいよ 鉄腕アトムや ドラえもん の時代が 来たって感じですねー。」

とか 大げさなこと言っちゃうので、
「どこがだ!?」って 突っ込んじゃいたくなっちゃうわけですよ。

 あと、ちょっと悲しいのが、
生放送のスタジオで ちゃんと動いてくれなかったり するじゃないですか。

ん~、夢の未来は まだまだなのかなあ? って思っちゃいます。



 ついこの前、ニュースで 美少女をイメージしたロボットが 紹介されてました。
動きは まだ多少ぎこちないようでしたが、
表情の変化は なかなか かわいかったです。

 男は、エロエロな未来を想像してしまいますよね。 スケベですみません。
まあ、ボクが生きてるウチは、鉄腕アトムや ドラえもんの時代は来そうにありませんね。


              エロボット
                   乳首というか・・・、乳輪かな・・・・・。

ウォッチング

 近所のスーパー、夕方になると いろいろ試食が出てくるんですが、
これを狙ってか、一人で いくつも食べてるおっさんを よく見かけるのです。

 以前、お皿山盛りのマグロを 一人でほとんど 食べちゃう おっさんを見て
唖然としたことがあります。

 そんで今日は また別のおっさん。
ずーっと から揚げを食べ続けてるのです。
もう、ボクは興味津々です。

 かなりの量を食べ続けます。 20個以上食べたのではないでしょうか?
気持ち悪くなりそうです。
周りのお客も気付き始め、みんな ボソボソ 「あの人、ずっと食べてる・・・」と
おもしろがってます。

 満足したのか、おっさん 頬を膨らせたまま 去りました。

 で、ボクは そこの お惣菜を選んでたんです。

 数分後です。 おっさん 戻ってきました!
そしてまた、から揚げを 食べ始めたのです!

 もう 怖いというか、気味悪いというか、悲しくさえなってきます。

 こういう状況を見たのは、一度や二度じゃないんです。
不景気は、常識やモラルまで なくしちゃうんでしょうか?


 ・・・・・・・・とはいえ、ちょっと おもしろかったです・・・・。






 単行本に載せる原稿を ちょこちょこ直してます。
MUJIN今月号の「初体験やり直し」の 申し訳ないページも、きちんと 手を入れております。
     原稿 手直し中
 このページ、ちんこだらけなので、ロボダッチで隠しときます。


 ちなみに、単行本の表紙用の絵は もう描きましたよ。


 

春間近

 「オレは顔の中心から いくら水分を放出してるんだ!?」
というくらい 鼻水がヒドい時があります。 鼻炎の薬を飲むと すぐに ポワ~ンとなります。

 
 車の免許証の更新に 行って来ました。
とはいっても、今はもう車も持ってないですし、何年も運転してないんですよ。
なんとか裸眼で視力も大丈夫でした。
相変わらず、正面写真は ヘンテコな顔に写りました。

 たまに 買い物してる時なんかに、
やっぱり車があれば便利だろうなーと 思う時もありますが、
特に必要にならなければ、もう一生 運転しなくてもいいかな・・・と考えてます。

 ボク、男のくせに 車に興味ないんですよねー。


 そんな中、最近 コーヒー以外で お気に入りの ホットレモネードを飲みながら、
二輪の免許が欲しくなる 80年代丸出しな漫画を読んでました。 なつかしー
                    ふたり鷹

 この漫画、バイク描写は当然ながら、子を思う母親が とても印象的に 描かれてます。

 以前、「漂流教室」の話題の時にも 母親の描写について語りましたが、
偉大な作品 というか、優れた作家さんって、母親の強さや 存在感を
実に 印象的に しっかり描くんですよね。

(ミル・フィーユの作品の エロいママとかじゃなくて・・・・

 藤子A先生の作品なんか まさにそうですよね。

 「ジョジョ」や「刃牙」だって、母親のシーンは グッとくるでしょ?


 一流な漫画家になるには、母親を印象的に描けるようじゃなきゃ とさえ思います。
また、ちっぽけなエロ漫画家のくせに エラそうに 言っちゃいました。


 まあ、実際の自分の母親とは 昔から意見が合わず、
実家に帰るたびに ウダウダ ケンカしてます。
 ま、それはそれで 幸せなことなのかもしれません。





 もぞもぞ 虫が地面から出てくるように、新しい単行本の準備をしています。
また ちょっとずつ 報告させていただきます。
           原稿

 

ゲームの話

 DS 西村京太郎サスペンス をプレイしてます。
前作が 結構 気に入っちゃったので、迷わず買いました。
値段も ボリュームも お手ごろなソフトです。

 (山村美紗のゲームは、あんまり・・・・良くなかったです・・・・)

 このゲーム、本編はもちろん、オマケの推理クイズ100問(前作は50問)が
たまらなく おもしろいのです。 文章も軽快で すごく楽しめます。

 学生時代は よく 推理小説を読んでたのですが、
最近は 本自体を あまり読まなくなりました。 いけないですな。

 で、ここのところ、推理モノは ゲームで楽しんでるわけです。

 昔から、推理クイズとか、頭の体操とか 大好きなのですが、
解けた時の達成感や快感にも増して、
こういう 問題を 考えて作る人が すごいと思うのですよ。 尊敬します。
もう、普通の人と 頭の構造が違うんでしょうな。


 そろそろ、「逆転検事」を 予約しに行かなきゃなりません。






 ウチにある もう使うことのないと思われる ゲーム機・・・・。
捨てるのも 味気ないし、かと言って 誰もいらないだろうし、
今日も 押入れの中で 場所とってます。
NEOGEO・PS

 そういえば PS2も 最近 使ってません。
もう、DSの、パカッと開けてすぐ遊べる手軽さが慣れちゃうと、
他のハードに目がいきません。






 たまに作る お手軽パスタ。 材料は、トマトとパスタと キューピーのオイルソースだけ。
トマトとソースとパスタ
              トマトのパスタ


万年床

 決断力や 頭の回転に富んだ人間ではないので、
一仕事終えた後は ふわーっと宙に 浮かんだ感じなんですよ。
そんで がんばって 地に足を付けようとするのです。

 今日は、次の漫画の案や、これからの予定やらを
ふとんの上で もぞもぞ 悶絶しながら 考えてました。
 
 そんな感じで 一日が終わっちゃいましたよ。

 最近の お気に入りの おやつです↓
                キャラメルアーモンドスティック



 キンケシ話
 1月末ごろ発売された 新造形の プラネットマン、ファンにはたまらんです。
           キン肉マンVSプラネットマン

 一緒に並べた キン肉マンは、数年前 フリーマーケットで手に入れたもの。
プラネットマンに 地図を刻まれた マニアックなバージョンです。
どうやら、80年代当時 アマダというメーカーが 駄菓子屋向けに作った キンケシなようです。


 
 いつの間にか、「おもちゃ・食べ物・エロイラスト」 の 三本柱に定着してきましたね。
これからも どうぞ よろしく・・・・。

                          ぶっかけ