FC2ブログ
 

ミル家の大将

自己紹介

 もう、ヤケクソみたいな国会とか、腹立つ政治家の顔が ニュースで映ると
チャンネル変えちゃいません? 観なきゃいいってわけでも ないんでしょうが・・・・。



 いきなりですが、とある日の 微笑ましい朝食でも 見とくれ。
 ハムエッグ朝食

 仕事 一段落して ちょっとの間 のんびりしてるボクは、
髪の毛が もっさりしております。 切りに行かなきゃ。
               髪はね
がんばれ元気→http://www.youtube.com/watch?v=1fPneKFvEAY&feature=related

 最近、新しいファンの方も ブログに訪れてくださってるようで、たまに基本的な質問を
受けますので、簡単に ここと ボクの紹介をさせていただきます。

 ボクは もう10年以上 エロ漫画を描いてる 子供みたいな おっさんです。
単行本は 8冊 出てるんですよ。 左の欄を 見てくださいね。

 カラーページまでアナログ(絵の具)という、今では 数少ない エロ作家ですよ。
最近、アシスタントさんに 消しゴムかけやベタなど 手伝ってもらうようにもなりましたが、
基本的に 絵は全て 一人で描き込んでおります。

 そんなボクは 、ティーアイネット(出版社)の 「MUJIN」という雑誌で
描かせてもらってるのが、今のところの 仕事の全てです。
 コネとかは なーんにも持ってない作家です。 それも まあ 誇り。

 ちなみに この前 仕上げた作品は、4月5日発売の「MUJIN」5月号に
載せてもらう予定です。 どうぞよろしく。

 仕事場 兼 ボクの部屋は、昭和のおもちゃや 雑貨にまみれてます。
ブログにも ちょくちょく 出てきますが ご容赦を。


 ほんでもって、たまに このブログに エロいイラストも載せてます。
鉛筆のラフ画を スキャンして、フォトショップで 彩色してます。
でも フォトショップを 未だに理解 把握をしてないので、
さぐりさぐり 自分のわかる方法で 彩色してます。

 線が 鉛筆のラフなままなのには 理由が。
普通のマウスで 作業してますので、ぷるぷる震えて はみ出しても 目立たないでしょ

 とにかく、デジタル作業とかいう前に、
パソコンが 未だにわからないことだらけなんです。 お恥ずかしい。

 次回の更新には、これに 彩色したのを お見せします。
                寝そべり



 なんか 質問がありましたら どうぞ お寄せください。
恥ずかしいこととか 答えませんよ。

 通常のコメントも、拍手の方も、"管理者にだけ表示"って チェック欄があります。
ボクだけが 読めるってことです。
すでに そちらでも 熱烈コメントから 厳しいお言葉まで いただいておりますので、
他の人に読まれたくないって方は そちらでもどうぞ。

 とにかく、ボクも みなさんも、ゆる~りと 好きな時に 書き込むような、
楽しいブログになればいいなと 思っております。


 それでは また 近々。
イギー

スポンサーサイト
[PR]

落ち着き払って

 今更なことですが、漫画を描く時は、読む人のことを考えます。
物語を作る人は みんなそうですよ。

 日本には いろんな すぐれた道具がありますが、
ものを作る人も 使う人のことを考えるでしょう。

 親が 子供に 料理を作る時だって そのはずです。

 何かを 生み出したり 作ったりする時は、
どうやったら 気に入ってもらえるかを考えるのです。
必然的に 人のことを思いやる行為になるわけですよ。


 さて、以前から、漫画やテレビの表現に 一方的に文句を付け、
規制に乗り出そうとする人はいます。
 気に入らないことに関しては、ちゃんと議論さえしようとしないでしょ?
こんにゃくゼリーに、驚くような訴え方をした人もいました。

 こういう人達の多くは、
ものを作るということに すばらしさも 魅力も感じないようです。
自分で考えて 何かを作ったりしたことは ないのかもしれません。

 人の気持ちを思いやるどころか、自分の行動を見つめ直すことすら
排除してしまってるように思えます。

 とにかく 世の中、頭も 体も できるだけ使いたくない という人は 確実にいます。

 これからの 子供達には、将来の選択肢を用意してあげて、
自分は何が出来るか、他人は どういうことをしてるのか、
しっかり考えさせてあげてほしいです。






 では、話は変わります。

 「モヤさま」が 4月から とうとう 7時からになっちゃいますねー。
多くのファンが 不安でいっぱいでしょうね。
スタッフも できることなら あのままでいたかったに違いありません。

 なんか 最近、テレビ東京は 特に情勢が厳しいというじゃないですか。
もう、DVDもよく売れてる モヤさまに頼らなきゃ 大変なんでしょうねー・・・・。

「空から日本を見てみよう 」とか、「和風総本家」とか
「美の巨人たち」とか おもしろくて好きだけどなー。

 そういや、この前の 三村氏の カウチンは なんかとてもかわいかった。






 昨日のおやつは、和風な感じでした。
たい焼き、だんご、抹茶ラテ。
和風おやつ



 なんか ブログの文章、いちいち 長いでしょうか?
もっと小刻みな更新の方が いいのでしょうかね・・・・?

 ではまた・・・・。わしづかみ

目も原稿もばっちり

 すごい寝た!  体が 軽く感じるくらい 寝ました。
というのも、完成原稿を渡して 気分もすっきりしてるからなんです。

 余裕で仕上がるはずだったんですが、やっぱり ギリギリまで かかっちゃいました。

 最近は、下描きから・・・・いや、その前の 絵コンテから、
全てを パソコンで仕上げちゃうって人が 増えてるっていうのに、
ボクは いつものごとく、大量の 消しカスと トーンカスに まみれてました。
指は 黒インクと ホワイトが しみこんじゃってます。

 今回は、完成間近で 作画ミスが いろいろ 見つかりまして、
ちびちびと 修正する 地味な作業の ラストスパートでした。
 フキダシが いくつか 足りなかったり、
さっき 服を脱いでたのに、次のページで 着てたり・・・・。

 いつも 編集部を お待たせして 申し訳ないです。
後の作業、よろしくお願いします。

 読者の方は、4月5日発売号を お楽しみに。

 でね、いきなりですが、
エロ漫画ってのは、リアルと誇張の ゆさぶり だと思うんですよ。

 非現実的な展開の中にも、時折 共感できる あるある感を にじませるわけですよ。

 それは ストーリー展開だけじゃなく、絵も。

 で、今回もまた バスタオルを巻いた姿に 悩みました。
おっぱいの大きな女の子が バスタオルを巻くと、
多分 ドラム缶みたいに 胸から下に ストンと垂れると思うんです。
だからといって 体のラインに フィットさせちゃうと、臨場感のかけらもないでしょ?
 つまり、ここで リアルと誇張のバランスを考えるわけです。

 ま、エラそうなことを言うほどじゃない そんなボクの 苦労の結果です。↓
                                         バスタオル姿


 いやらしく、「がんばったんだよ」って アピールしちゃいましたが、
みなさんは あまり考えず 怒涛のごとく ページをめくって楽しんで下さいませ。






 あのね、また いきなりですが、漫画やアニメやゲームで
必殺技の名前を 繰り出す本人が叫ぶのは 日本独特の 傾向らしく、
マジンガーZが 最初じゃないか?ということだそうですよ。

 つまり、マジンガーZが あれほど流行らなかったら、
技の名前を叫ぶ文化は 発達しなかったわけですよ。
なんか 感慨深いね。

 原作 マジンガーZ

 


 それでは、ボクの次回作も このブログの方も よろしくお願いします。

時間が過ぎるのが早い

 なんか いろいろと あっという間に 時間が過ぎ去ります。
もう 3月だし、少々 目がかゆくなり 鼻水が出てくる季節になっちゃいましたよ。

 ちなみに、日曜 朝の 「ドラゴンボール改」は、今日 ついに
悟空が スーパーサイヤ人になりました。
激神フリーザ


 昨日、アシスタントさんが 突然の電話で 「すぐ 8チャンネルを観ろ」とのこと。
なんと、ずっと 謎のままだった キンケシの 初代造形士さんが登場。 ゆで先生も出てた。

 キンケシは 当時、何人かの人が造形してたんですが、
一番 なじみのある、あの 手足ががっしりしたフォルムのヤツを 造形してた人です。

 当時、ある程度の形を粘土で作って それをロウに型取り、
針のような道具とかで 細かく けがくように 造形してたようです。

 ボク、ホント、キンケシの造形って 大好きなんですよ。
とにかく、感動しました。

 この造形士さん、ウルトラ怪獣の頃から いろんなキャラクターを手がけたそうですが、
多分、ドラゴンボールの初期のケシも そうじゃないかと思います。



 さあ、たまに更新したかと思うと、また そんな話かと お思いでしょうか?
すみません。

 いつものごとく、時間かけて 何度も描き直しながら 次の作品を 進めております。
いくつか 下描きを お見せしますので、どうか お楽しみに。

マコA

まこB

マコC

マコD


 ほんじゃ、がんばります。