FC2ブログ
 

ミル家の大将

えらいことですよ

 つい先ほど 編集部の方が わざわざボクのウチまで 原稿を取りに来てくれました。
自宅まで来られたのは初めてなので、少しびっくりしました。


 何から話せばいいものか。 誤解を招かないように説明しないといけないし。

 とにかく 全部 ボクのせいであります。 これは 大前提で、間違いありません。

 みなさんの想像を越えて 原稿は 未完成です。
完成してるページは1ページもありません。
何も描いてないコマが 何ページもあります。
それくらい 描けなかったのです。

 ボクが 原稿の出来具合を報告するのが 遅すぎたんです。
自分で どのくらいでできるかが もうわからなかったんです。

 再度、どれか別の作品を再録という形をお願いしましたが、
いろいろと事情があるらしく このどうしようもない原稿が載るみたいです。
読者の方々も ちゃんと原稿を描き上げた他の作家さん達も
「ふざけるな」と嫌な気持ちになります。
当たり前です。

追加補足→ たった今、あまりにもヒドい原稿なので
過去の原稿に差し替えてもらえることになりました。
原稿が間に合わなくて 再録は、
雑誌始まって以来の失態だそうです。
とりあえず最悪の状態は避けられたけど、申し訳ありません

 これが掲載されることを考えると もー死にたい。 今年最大の「死にたい」です。
(本当には死にませんから心配しないでください。)

 以前から サクサク描ける時は 何も問題ないのですが、
急に 描けなくなることがありました。
一時的なものですが、ちょっと長い場合も。

 ちゃんとデッサンが取れなくなってきたのは、今月の10日辺りでしょうか。
うまく言葉で説明しにくいですが、みなさんの想像以上にゆがんだ絵になります。

ゆっくり見直しながら描くと だいぶ良くはなるのですが、かなり時間がかかります。
もちろん 描き直しも多いです。


 うつ病とかそういうのではないと 自分では思ってます。 何も根拠はないですが。

 一度病院へ行かれてはなんてコメントも いくつかいただきましたが、
まだまだボクのことわかってないですねー。
診察代なんて 払ってたら 食べ物買えないじゃないですかー。

 お友達と 気分転換に出かけられては?なんてお声もいただきましたが、
ボク友達いないですよ。 少ないとかじゃなく、0人ですよ。

 何言ってるんですかもー プンスカ



 とにかく これから まだやらなければならないことが いろいろあります。
なるべく人に迷惑かけずに、こなしていきたいです。

 新しい単行本の準備もするのですが、もう編集部の方達に悪くて・・・・。
もう予定は変えられないでしょうが、
売れない作家の単行本なんて 正直 めんどくさいはずです。
同情で出してもらうようなものです。

 単行本分の原稿も、今回の原稿も含め、ちゃんと全部用意できてから、
自分で 出版してもらえる所を探すべきでした。


 とにかく、とにかく、ものすごい迷惑をかけて、
さらには掲載後 たくさんの方達を不快にさせるわけです。
過去は振り返らないで 前向きにと言ってる場合じゃないことを やってしまいました。


 昨日のブログにも たくさん お言葉ありがとうございます。
ちょっとづつ お返事していきます。

 ちびちび 様子をお伝えさせていただきますので、
興味ある方は お付き合いくださいませ。
 ホント いつも いっぱいコメントくださって、めちゃくちゃうれしいです。
ここ読むのが生きがいです(寂しいな おい)。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

もう

 今までにないストレスを感じております。
自分のせいで ものすごい迷惑をかけてしまうので、ストレスを感じてしまうという
とんでもない理由です。

 もう描けないのです。 いくら手を動かしても ちゃんと形にならないのです。
もう頭おかしくなっちゃったんでしょうか?
あせればあせるほど 絵が描けません。
いろんな生活の不安を感じてるとはいえ、自分はここまで弱い人間だったのかと
改めて 嫌になります。

 どうあがいても 史上最低のひどい原稿が載ることになります。
ミル・フィーユのクソっぷりを、編集者さん・読者さん・他の作家さん みんなが不快に感じる
見せしめのような原稿が載る結果になります。
 過去のボクかどなたかの作品を再録という形もお願いしてみましたが
その選択はないそうなので。
(再録より なぜクソ原稿なのかという疑問ばかり頭を巡りますが、ボクのせいなので
 議論するわけにもいかず・・・・。)


 いつも みなさん、ブログに 作品の感想や 励ましのお言葉ありがとうございます。
こうやって ブログで 愚痴ったり くだらない話で力抜いたりも含めて
ボクのなくてはならないものになっています。

 でも今、そのブログすら こうやって残っているのが 恥ずかしく感じるばかりです。
連絡や情報交換用に 残しておきたいので、
過去の日記だけを 全部削除しようかとも考えましたが、
いろんな方のコメントまで消えるのも 寂しいし・・・・。

 とにかく 今年中に よく考えて、なんとか ブログを新しい気持ちでやり直したいなと
思っております。

 最近の こんな状況に たくさんお声をかけてもらってるのに、すみません。
仕事のご依頼もいろいろといただいておきながら
なかなか気持ちの良い連絡ができずに すみません。

 ホント 死んでしまいたいですが、とりあえず、
来年からは 今までと違う作品発表体勢にするつもりです。


 ちょっと・・・・あまりにも 気持ちが不安定すぎて 何をするにも おろおろしてる感じです。


 アホな話ができる落ち着きが出てくるまで もうちょいかかるかもしれませんが
本当に いつもありがとうございます。


 作業中の どこにもぶつけられないストレスを ぶちまけさせていただきました。
(話し相手が欲しい)

 これから先も 漫画を描いて発表できるように がんばります。

思ったことツイート

ツイッターすると 宣伝にもなりますよ なんてよく言われるので、
  やってみようかと腰を上げるが、正直システムが理解できん。 結局 やってない。
  そもそも ネットのこととか よくわかってないのに ブログやってるくらいだし。
  ホント 何も知らん人間だな まったくもー。

インコやオウムが 人間の口笛真似てるヤツ、
  あれって 口をとんがらせてピューって吹いてるんじゃじゃなく、
  声帯から出てるわけだから、何気にすごいと思う。

「実験刑事トトリ」が また始まった。
  ちゃんと見逃さずに 観れるかなー?
  とりあえず、いつもの古畑な感じで、第一話もおもしろかった。

また間違えた。 蛍光灯の「昼白色」と「昼光色」が いつもごっちゃになる。
  昼光色が 青白くて明るい方。
  ちなみに、「みやざきあおい」と「あおいゆう」は もう間違わなくなった。

だいぶ前に買ったプラモがいっぱいあるので 作りたくてしょうがない。
  でも、そんなことしてる場合じゃないほど 漫画を描くの遅い。
  いっぱい古いプラモあるのなら、売って金にすればいいじゃんと思われるかもしれないけど
  よっぽどの珍しいのじゃない限り、こういうの ほとんどお金にならない。
 
  ちなみに 今作りたいの(トライダーG7)
               トライダーG7 プラモ




 トライダー発進いたします


古いの

 だいぶ前に描いた原稿を 整理してたのですが、
10年以上前に 雑誌の片隅に載った原稿を見つけましたので お見せします。
なんか逆に 新鮮?
   古いの 2      古いの 1


 ちなみに、こっちは 前回の漫画の一部(ペン入れまで)です。
          妹 ペン入れ

 最近は どうも 絵が固くなるばかりで、
のびのびとして なめらかな ダイナミックさに 欠けてる感じです。




  コロッケバーガー

 材料 パン
     お惣菜のコロッケ
     キャベツ 
     ソース

 パンと コロッケは 軽くあぶっておきます。

尊敬する人

 先月の終わり頃、まだ お仕事の話させてもらって間もない とある編集者さんに
なんと 藤子・F不二雄展に つれてってもらったのです。
東京タワーで 開催されてるやつです。

 部屋で 腐りきってるボクを 連れ出してくださいました。
ボクが お金がないこともよくわかってるので、入場料も 昼食も おごってくれました。
何も 恩の貸しもなければ、貢献もしてない・・・・と言うのは やな表現かもしれませんが、
甘えちゃっていいのか、ちょっと悩みましたよ。

 とにかく、行ったからには めちゃくちゃ 楽しんでまいりました!
お客さんも 思った以上に多かったです。

 いろんな展示があるのですが、もちろんメインは 数々の原画です。
警備員に監視されながら 厳かに並べられた原画に、二人して ため息もらしながら、
「すげー すげー」と連発しながら 感動してました。

 もう F先生の原稿は キレイで 簡潔で、無駄がないのです。
カンペキなのであります!
それでいて、いちいち 画面が かわいい! とにかく かわいい!

 水彩で塗られた 発色のいいカラー原稿は もう、まぶしすぎるのであります!

 70年代辺りの作品が多めに用意されてました。
超有名作はもちろん、「ミノタウロスの皿」などの短編漫画の原稿も。

 「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「パーマン」は、それぞれ第一話が
全ページ 展示されてました。
もう何度も単行本化されてるのもあってか、
かなり くたびれて 黄ばんだり 破れたりもしてました。
それでも なめらかなペンタッチと 魅力的な表情と 動きは、間違いなく生きてました。


 よかった。 ホントに いいものが見れた。

 幸い おしっこ漏らすことなく 全部回れました。


 しかも、お土産まで 買ってもらいました。

 見よ! パーマンの タオルじゃ!
   パーマンタオル


 魔美ちゃんとコンポコのポストカードも、ドラ第一話のクリアファイルも
かわいいだろう!
        F展 お土産





 もっとがんばって こういうイベントに出かけたりできるように したいなと思います。

 エロとはいえど、もはや 漫画家などと名乗ることはできませんが、
ペンを握れる喜びをかみ締めるのでした・・・・。

 いつものごとく 作業遅れておりますが、ボクなりに がんばってます。
みなさん、よろしくお願いします。